あなたの脱サラ、起業、開業、独立を応援するサイトです。フランチャイズや個人事業、フリーランスなど、開業準備や開業後の集客方法まで、役立つ情報を発信します。

ハウスクリーニングで独立開業

  • HOME »
  • ハウスクリーニングで独立開業
Pocket

スポンサーリンク

ハウスクリーニングってどんな仕事?

ハウスクリーニングは、その名の通り、お掃除代行です。高齢者の増加や共働き世帯の増加で、近年需要が伸びているビジネスです。お掃除といっても、お客様から料金を払っていただく以上、プロとして満足いただけるだけの技術が必要です。顧客になるのは、個人のお客様だけでなく、不動産業者など住宅に関連する企業も含まれます。
時間や手間のかかるものや場所のクリーニングが、主な業務内容になります。
お客様と直接接する機会の多い業種なので、満足していただけた時の喜びは大きい仕事と言えます。

➡︎『詳しく知る!ハウスクリーニングの仕事内容一覧

フランチャイズかんたん資料請求

ハウスクリーニング業のメリット・デメリット

ハウスクリーニング業のメリット

  • 一人でも開業ができる
  • 独立開業するために特別な資格が必要ない
  • 店舗を持たなくても開業できる
  • フランチャイズに加盟すれば、開業時からある程度の売り上げが見込める

ハウスクリーニング業のデメリット

  • 脱サラして始める場合などは、プロとしての技術を身につけるまでの時間が必要
  • 個人事業で始める場合、お客様を掴むまで売り上げがたたない

ハウスクリーニング業は、開業のスタイルによって、メリットやデメリットがあります。初めてのハウスクリーニング業で開業するのであれば、まずはフランチャイズなどに加盟し、売り上げをあげながらノウハウを蓄積することがおすすめです。

スポンサーリンク

ハウスクリーニングの独立開業方法

脱サラをして、ハウスクリーニング業として起業をするには、いくつかの道があります。
起業が目的ではないものの、自分にあった独立方法を選ぶことで、開業後の成功の確率を高めることができるのです。
個人での起業と、フランチャイズに加盟しての開業。どちらもメリット・デメリットはあるので、しっかりとした検討が必要です。

 

独立開業費用目安

開業自体は、開業届けと青色申告承認申請書を提出するだけでも可能です。しかし、一人で始める場合は必要なものを揃えたり、当面の生活費、集客のための資金など、どこまで準備をするかによって費用は異なります。
フランチャイズに加盟の場合、目安として約100万円〜約450万円ほどの開業資金になります。個人で始める場合は、準備や目指す売り上げによってフランチャイズ以上に資金がかかることもあります。

開業資金調達|これから開業資金を調達するなら

起業に必要な資金は、どのように集めるのか。主に下記のような方法があります。一番理想的なのは、自己資金ですが全額を開業前に準備できる人はそう多くはいません。

  • 自己資金
  • 個人借入
  • 銀行、信用金庫からの融資
  • 日本政策金融公庫からの融資

ハウスクリーニング業の集客方法

ハウスクリーニング業は、ある程度地域を限定したビジネスになります。
HPでの集客の他に、チラシなど地道な宣伝活動も有効です。
フランチャイズに加盟した場合も、規約の範囲内で創意工夫した集客を行うことで売り上げが大きく変わってきます。


その他の独立開業方法を探す

⇒ 業種別で探す

⇒ フランチャイズかんたん資料請求

PAGETOP